目指したのは、陽だまりの薬局。

社長挨拶

ひかる薬局は、
「高齢化の進む地域全体が抱える不安の中にひかりが差し込んでほしい」、「病気で痛みを抱えるみなさまの一筋のひかりとなりたい」という思いから2006年にスタートいたしました。
 当初、調剤薬局といえば薬を調剤してお渡しする所でしたが、超高齢化社会を迎え、一人ひとりをケアする”人”中心のサービスへと大きく変わってまいりました。
 医療機関や介護施設との連携や、予防医療啓発活動など、地域のかかりつけ薬局として、みなさまの健康へのかけ渡しのお手伝いができるよう、日々励んでおります。
 現在調剤薬局3店舗と、新たに柳井店に隣接する「ぴゅあはうす」をオープンし、健康をテーマに地域の方が集える場として活用しています。
 病気の方が健康を取り戻し、高齢者、介護者の不安を和らげる手助けをさせていただきながら、誰もが健やかに笑顔でいられる日々を作りたいと考えています。
 ひかる薬局スタッフ一同、感謝の気持ちを忘れずに、最高のおもてなしの精神で、みなさまと共に感動と幸せをあじわえるよう歩んでまいります。

代表取締役 福島 由美

代表取締役 福島 由美